パックウォーク その後の散歩





c0315313_17040615.jpg


c0315313_17035769.jpg

c0315313_17030760.jpg

c0315313_17044482.jpg

c0315313_17041755.jpg

四つ葉のクローバー・・・
よく見たら違うし。。笑





前回パックウォークから もう一週間・・
毎日が早い早い。汗


パックウォーク後はあまり時間がとれず、
ご近所ばかりの散歩ですが





ハンドルは・・・・





とっても ラクですよん♪♪




パックウォークして人間が自信ついたのはもちろん
それだけじゃないのを最近は特に感じます・・・・




サンちゃん 君、リハビリ進んだね?
c0315313_14483997.jpg

そぉっすかぁ~?





サ「 かーちゃん 犬ってもしかしたら怖くないんか? 」
か「 怖かったら見なきゃいいんだよ 」
サ「 でっかいやつも? 」
か「 そーそー 」










c0315313_17045247.jpg

見づらいんですが・・・

犬連れで集まってお話しされてる横を
二回ほど目線を外してあげたらすれ違い大成功♪
c0315313_17025851.jpg







興奮MAXな子とワンワンワンワン・・・・・ずっと
の子もいて、普段だったらギリギリセセーフか回避か失敗か
のどれか。笑

PW効果だ。












たまに思うんです。





サンゴが散歩デビューしてから
最初はまだ感情(?)が育っていないから
なにも怖いものはなかったけど、成長するにつれて
ビックリするようなこと 他の犬に吠えられた・・・・
とか 怖い事があった時に頼れる人がいなくて
単純に言えば飼い主である わたしの事が信用できなくなっていった・・・

自分で対処するしかなくなって パニックを起こして
ついにはアグレッションに変わってしまった




その過程を自分に置き換えたら
けっこうハードな道を
辿ってきてしまったんじゃないんだろうか
と思うのです。
親が守ってくれなかったわけですし。

(もちろん 保護が必要な犬たちは 
もっと過酷な厳しい状況にいて
そこから再出発するわけですから
うちなんかと比べたりは出来ません)





サンゴのなかでは サンゴによる 自分自身の戦い(葛藤)
(犬ってこわい?って言う)
があって 
飼い主としてそれを手助けするのであれば
飼い主自身(私)が変わるのはもちろんの事として
焦らず サンゴの気持ちに気づき 無理をさせず
前に立ち 導いてあげる

そうしていくうちに 時がたって
手助けが必要だったサンゴ自身の戦い(葛藤)も
犬って余裕っしょー みたいになるんではないかと・・・。





パックウォークに参加して
しばらくはハンドルがラク
だけどそのうちまた大変な時がきて
またパックウォークに参加して
また大変な時が来て
でも!
前回よりは一歩進んでいる。
回を重ねて 
サンゴの犬って怖くねー!の気持ちを積み上げて
リハビリって進んでいくんですね♪




すみませんm(__)m
そんなの経験済みのかた多数いらっしゃるはず。

なんかきっと 表現とかいろいろ間違ってる。
人間よりの考え方で無駄にドラマちっくにしちゃったかも。

今日は歩きながら そんなこと考えていました。
来年 これを読み返してゲラゲラ笑っていたいな。笑





はなしはまとまらないまま終わるけど


PW 最高です!!!











































[PR]

by koyukiyukiyuki | 2014-03-25 18:22

<< パックウォーク 今月はもう1回! パックウォーク >>